ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

平成25年9月のニュース

琉球大学医療関係者が在沖米海軍病院を訪問
9月中旬、琉球大学医学部付属病院の医師および医学生がキャンプ・フォスターの南側に位置する米海軍病院を訪問しました。
琉球大学医療関係者が在沖米海軍病院を訪問
日米音楽隊が音楽を通して地域との親睦を深める
会場では聴衆のざわめきが聞こえていましたが、照明が落とされ司会者が指揮者を紹介すると急に静まり返り、ユニークなコンサートが始まりました。
日米音楽隊が音楽を通して地域との親睦を深める
アルコールスクリーニングプログラムの実施
在日米海兵隊の全部隊では9月1日より、アルコールスクリーニングプログラム(ASP)の一環として酒気検知器の使用を開始しました。
子供たちが野外イベントで言葉の壁を取り払う
米海兵隊員らが応援する中、子供たちは大喜びで声を上げ、そこらじゅうを走り回り大興奮でキックボールに興じていました。
子供たちが野外イベントで言葉の壁を取り払う
中学生が海兵隊基地で職場体験
9月初旬、沖縄県豊見城市立長嶺中学校の生徒4名が海兵隊基地内での職場体験に参加しました。
中学生が海兵隊基地で職場体験
慰問団が地域交流に一役
米軍向けの慰問団 (USO)では、給料を使い果たすことなく出掛ける機会を探している海兵隊員をもてなす楽しさいっぱいのイベントを月に2度行っています。
慰問団が地域交流に一役
静岡県の災害訓練に自衛隊と在日米軍も参加
9月1日に富士宮市外神スポーツ広場で行われた平成25年度静岡県総合防災訓練に自衛隊と在日米軍が共に参加しました。
静岡県の災害訓練に自衛隊と在日米軍も参加
基地周辺の市民が避難経路のリハーサル
浦添 (うらそえ) 市にあるキャンプ・キンザーや北谷 (ちゃたん) 町にあるキャンプ・フォスターで、周辺住民約150名が9月1日と4日に行われた災害救助訓練に参加しました。
基地周辺の市民が避難経路のリハーサル
沖縄統合計画開始、海兵隊が使用していた土地を日本へ返還
8月31日、米国政府は、海兵隊バトラー基地の一部だった土地を日本政府に返還しました。
その他のリンク
気象庁による台風最新情報 台風最新情報
米軍が使用する台風コンディションコード TCCOR
在日米海兵隊によるトモダチ作戦 トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Updated January 23, 2016