ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

ニュース (8月23日)

高校生のための夏季英語講座

うるま市の高校生たちが海兵隊員らから生きた英語を勉強中
うるま市の高校生たちが海兵隊員らから生きた英語を勉強中
【米海兵隊キャンプ・コートニー】英会話スキルを磨くために基地内の将校クラブに続々と高校生たちが集まって来ました。

うるま市役所を通して市内に在住する高校生たちが申し込み、18回目を数える夏季英語講座が始まりました。

高校生たちは一週間を通して基地内でのクラスに出席し、ボランティアで集まった海兵隊員らと英会話でのコミュニケーション能力の向上を図ります。

ボランティアで参加しているハーダー伍長は「今週の目的は、まず高校生たちが英語の堪能な隊員たちと時間をともにし、英語を話すことです。そして海兵隊について学び、隊員たちの日ごろの生活を垣間見ることです」と説明しています。

授業で高校生たちは、アメリカ人が一般的に使う言葉や言い回しを隊員らに尋ねるという宿題が課されました。

梅原一郎基地渉外官によると、このプログラムは2000年夏に始まり、大きな成功を収めて来たので、今日まで続いていると話しています。

日本人ボランティアの新里さんは「このクラスで多くの言葉を学び、適切な英会話の方法を学ぶことができます。私も12年前にこのクラスに参加し、多くのことを学びました。基地内で隊員たちと話せたことは、私にとって最高の経験でした」と述べています。

この日高校生たちは、隊員専用の食堂で隊員たちと昼食を食べながら親交を深めました。

隊員たちはジョークを飛ばして高校生たちの笑いを誘い、高校生たちに質問を投げかけたりして場を和ませました。

日本人ボランティアで大学生の大城さんは「隊員たちが気軽に手伝ってくれるのが嬉しいですね。基地内以外に英語を喋る機会があまり無いので、基地内に来て英語を練習します。彼らはとてもオープンで、私たちが彼らの文化に興味があるように、彼らもまた私たちの文化に興味があるので、共に語り合い、学び合い、親交を深めることができます」と述べています。

その他のリンク
台風の最新情報です 台風最新情報
米軍の台風表示です TCCOR
米海兵隊のトモダチ作戦からのニュースです トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted Aug 23, 2018