ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

ニュース (8月10日)

基地司令官一家が保育園を訪問

毎月訪問してくる海兵隊員たちを楽しみにしているあすなろの保育園児たち
毎月訪問してくる海兵隊員たちを楽しみにしているあすなろの保育園児たち
【沖縄県名護市】キャンプ・シュワブの海兵隊員らは毎月市内にある13ヵ所の保育園や幼稚園をそれぞれ訪問し、園児たちに英語でふれあう機会を提供しています。

今日(9日)はあすなろ認定こども園の「えいごであそぼ」というプログラムに参加しています。

新しく基地司令官に着任したジェイソン・ペリー大佐もあいさつがてら家族同伴でプログラムに参加してくれました。

ペリー大佐は流ちょうな日本語を話すのですが、大佐のみならず、大佐の息子のケール君(12)と娘のティリアちゃん(9)も流ちょうな日本語を話します。

ケール君もティリアちゃんもすぐに園児の中に加わり、楽しそうにみんなと遊んでいます。

隊員たちはあちらこちらで園児たちにもみくちゃにされていますが、隊員たちも園児たちもみんなが笑顔です。

山城理事長の話によると、一人の男の子は登園する前、今日はアメリカ人のおにーちゃんたちが来る日なので、英語がプリントされているTシャツを着てきたと話していたそうです。

園児たちと隊員たちはさまざまなゲームを通して遊びながら簡単な英語を使っています。

プログラムも終わりに近づいたころ、さまざまな同園の交流イベントに毎回参加してくれたマルティネス中尉とキーチ従軍牧師助手の二人が来週アメリカに戻ることを聞きつけた山城理事長が、二人に感謝状を贈りました。

そして名護市教育委員会からは、市内の園児たちのために積極的に交流を支援してくれたマルティネス中尉に感謝状が贈呈されました。

キャンプ・シュワブと各園の交流を調整してきた伊波渉外官が園児たちに「もう帰ってもいいですか?」と尋ねると、園児たちは一斉に「だめ!」と答えていました。

その他のリンク
台風の最新情報です 台風最新情報
米軍の台風表示です TCCOR
米海兵隊のトモダチ作戦からのニュースです トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted Aug 10, 2018