ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

ニュース (5月29日)

海兵隊員がダイビング中に女性を救う

?_?C?r?“?O’†?????@“I??????? ?????????q???~?“?C??????”??????~?????_?[?“?R‘?
ダイビング中に危機的状況にあった観光客のミンイさんと彼女を救ったダーン軍曹
【沖縄県恩納村】沖縄で結婚式をあげたばかりの香港の女性に危機が訪れたとき、そこにはアメリカ海兵隊員がいました。

スコット・ダーン一等軍曹(39)は真栄田岬で5月20日(日)、ダイブマスターとしてダイブインストラクターの妻や友人らと、ダイビング救助訓練をしていましたが、その日何が起こったのかを鮮明に覚えています。

ダーン軍曹は「約25メートルの海面下で、女性がマスクを剥ぎ取っているのを目撃しましたが、訓練をしているのかとも思い、注意してその様子を見ていました。そのグループの一人が彼女のマスクを元に戻すと、今度はレギュレーターを振り払ったので、少し心配になりました」と当時の状況を説明しました。

さらにダーン軍曹は「グループの一人が彼女の口にレギュレーターを戻すと、今度はマスクとレギュレーターの両方を振り払い、顔を苦痛にゆがめ、口を大きく開き、大量の海水を飲み込んだので、10メートルほど離れて泳いでいた私は、急いで彼女の元へと泳ぎだしました」と続けました。

「彼女の側に行き、彼女の口にレギュレーターを押し戻すと、彼女は直ぐにそれを吐き出し、口を閉じ、もがきだしました」

「私が再びレギュレーターを口の中に戻すと、それは歯にあたり、彼女が口を開けたので、レギュレーターを口の中に押し込み、そのまま手で押さえていました。そして彼女の腕をつかみ、ダイブリーダーに向かって海面へ上がるとシグナルを送りました」

「私たちは減圧症を避けるためゆっくりと上昇していきました。海面に出ると、まず彼女のBCD(浮力制御装置)に空気を送り、彼女の浮力を確保しました。彼女の様子を確認すると、顔色は青ざめ、唇は青く、口から泡を吹き出し、反応がまったくありませんでした」

「彼女は虫の息で、とにかく海岸へと急ぎましたが、その時は本当に彼女は死んでしまうと思っていました。彼女を海から引き上げると、彼女を肩に担ぎ上げ、どうにか塀を乗り越え、階段を登りました。肩に担がれている間に、彼女は2度ほど海水を吐き出しましたが、それが良かったのかも知れません」

「陸へ上がると、彼女が喉を詰まらせないように左側を下に横向きに寝かせ、彼女からダイビング・ギアを取り外しました。そして自分が常時装備している酸素キットを使い彼女の呼吸を確保すると、10分程で彼女の顔色が少しずつ回復してきました」

その間、ダーン軍曹と一緒にダイブしていた彼の妻が、緊急センターに連絡を取りました。

ダーン軍曹は「彼女を海から引き上げた時は、どうなるかと思っていましたが、徐々に顔色が回復していく様子を目にして、少しずつ安堵感が増していきました」と説明していました。

ダーン軍曹は救急隊が到着するまで彼女の側で付き添っていましたが、緊急隊が到着すると、すぐに彼女を地元の病院へと搬送していきました。

彼女は地元の病院に一晩入院し、翌日には完全に回復し、退院した後、新婚旅行で八重山へと向かいました。

溺れかけた女性は香港在住のミンイ(29)さんで、彼女の結婚したばかりの夫や友人二人とダイビングをしていたそうです。

数日後、新婚旅行の八重山から沖縄本島に戻ってきたミンイさんは、ダーン軍曹夫妻を食事に招待し、感謝の言葉を直接ダーン軍曹に伝えることができました。

ミンイさんはダーン軍曹に、「命を救ってくれてありがとう。私は勿論、夫もとても感謝しています。だって夫は私のような(素敵な)女性を二度と見つけることができないと思うので」と冗談ぽく笑って話していました。

ダーン軍曹は彼の部隊が彼に何らかの賞を与えることを計画していると耳にしましたが、彼はすでに友人という特別な賞を授かっています。

ダーン軍曹とミンイさん夫婦は、Facebookで繋がり、そこには新たな友情が芽生えています。

その他のリンク
台風の最新情報です 台風最新情報
米軍の台風表示です TCCOR
米海兵隊のトモダチ作戦からのニュースです トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted May 29, 2018