ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

ニュース (4月13日)

園児たちが遊びながら英語を学ぶ

海兵隊員に慣れている園児たちは積極的に抱っこされ笑顔です
海兵隊員に慣れている園児たちは積極的に抱っこされ笑顔です
【沖縄県名護市】雨雲でおおわれた薄暗い空の下、園児たちの元気な声が保育園から聞こえてきます。

ここは新学期が始まったばかりの「あすなろ認定こども園」で、市内にある海兵隊基地キャンプ・シュワブから海兵隊員たちが訪れています。

キャンプ・シュワブの隊員らはボランティアで、名護市内にある12カ所の保育園や幼稚園をそれぞれ毎月一回訪問し、園児たちと英語でふれあう機会を提供しています。

あすなろ保育園とキャンプ・シュワブの関係が始まったのは1998年にまでさかのぼり、当時はイースターやクリスマスなどのイベントごとの交流でしたが、10年前からは月に一度、隊員たちは4歳児と5歳児のクラスを対象に「えいごであそぼ」というプログラムを支援しています。

4歳児クラスを担当する保育園に勤務して3年目の比嘉先生は「みんな笑顔で楽しそうで、アメリカ人が来てくれることはいいことだと思う」と話していました。

交流会は園児たちの歌やダンスで始まり、続いてピンポン玉を使った玉入れ競争に移りました。

男児と女児に別れて、隊員がそれぞれの輪の真ん中でバケツを持ち、合図と同時に園児たちが一生懸命ピンポン玉を投げ入れています。

あつき(5)くんは「とっても楽しい」と笑顔で話してくれました。

玉入れ競争の次は、椅子取りゲームをアレンジした輪投げの輪を使ったゲームで、園児や隊員たちがひとつの大きな円になり、音楽に合わせてぐるぐる回り、合図とともに輪の中に入り、入れなかった人が脱落していって、最後に残った人が勝つというゲームで、園児たちはおおはしゃぎです。

かほ(5)ちゃんは「アメリカ人のおにーちゃんたちと遊ぶのは楽しい」と大きな笑顔です。

具志堅園長は「新学期が始まり、5歳児クラスは去年も一緒に遊んだので、すぐなつきましたが、4歳児クラスは今日が初めての顔合わせだったので、始めはちょっとちゅうちょしていたかな」と説明していました。

そして「彼ら(隊員たち)は体力もあるし、子どもたちが力一杯ぶつかっていっても大丈夫なので、安心しています」と続けて述べていました。

参加者のひとり、偵察隊に属する伍長(22)は「時間の許す限り、園児訪問に参加しています。これまで6つの保育園や幼稚園との交流に参加しました」と話してくれました。

彼は近々部隊がアメリカ本国でのパラシュート下降訓練に参加するので、しばらくこの活動に参加できないと残念そうでした。

楽しかった時間もあっという間に過ぎ、隊員たちが別れを告げるときにも、園児たちにもみくちゃにされる隊員もいましたが、それでも嬉しそうに最後まで笑顔を絶やすことはありませんでした。

その他のリンク
台風の最新情報です 台風最新情報
米軍の台風表示です TCCOR
米海兵隊のトモダチ作戦からのニュースです トモダチ作戦
ピンポン玉を使った玉入れ競争で園児たちはおおはしゃぎです
園児たちと一緒にトランポリンを楽しむ海兵隊のお兄ちゃん
お別れの時間が来ても園児たちにもみくちゃにされる隊員たち
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted April 13, 2018