ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

ニュース (3月29日)

陸上自衛隊及び米海兵隊による戦闘射撃訓練研修

今回の射撃訓練で優秀な海兵隊員にチャレンジコインを渡す第15旅団長
今回の射撃訓練で優秀な海兵隊員にチャレンジコインを渡す第15旅団長
【米海兵隊中部訓練場】陸上自衛隊第15旅団と米海兵隊第8海兵第2大隊は、それぞれの分隊レベルで戦闘射撃を実施しました。

部隊遠征プログラムで米本国から沖縄に派遣されている第3海兵師団隷下の第8海兵第2大隊は、現在、第4海兵連隊として配属しており、陸上自衛隊と相互に研修し、日米の射撃や、指揮の要領等を確認するとともに、互いの絆を深めることができました。

今回の射撃訓練はチームで、150メートルから300メートルに出てくるポップアップターゲットを射撃をし、午前中は第15旅団のチーム、午後には海兵隊チームが訓練を実施しました。

このプログラムを通じて日米間の交流を深め、今後の第15旅団と海兵隊相互の任務遂行能力の向上に繋がる研修を行うことができました。

研修後、第15旅団長と第3海兵師団長は今回のこの部隊間交流を記念し、相互に盾の交換を行いました。

また、各部隊におけるトップの射手が優秀隊員としてチャレンジコイン*1を授与されました。

第三海兵師団長よりチャレンジコインをもらう射撃訓練で優秀だった自衛隊員
第三海兵師団長よりチャレンジコインをもらう射撃訓練で優秀だった自衛隊員
第8海兵第2大隊で分隊長をしているベイカー伍長は、「この研修を通じて、私たちは今回、陸上自衛隊員がどのような訓練をし、射撃を行うのかを研修することができました。毎回私は他部隊、または他国を研修するたびに何か必ずそこから得るものがあります。それを相互に研修することによりさらによりよいものが得られます。これらが信頼性を向上させるものであり、相互運用性につながっていくと思います。この研修こそが我々の信頼をさらに強めるものに違いないと思います」とコメントを残しました。

第51普通科連隊第1中隊の分隊長である今石2曹は「今回の訓練は、私たちと海兵隊がそれぞれの射撃、実射の能力を互いに研修できた素晴らしい機会であり、とても良い時間でした」と語りました。

*1 チャレンジコインとは主に米軍において、部隊長クラスが部下の士気を向上させるために与える直径4センチほどのコインで、部隊名や部隊ロゴなどが刻印されている。

その他のリンク
台風の最新情報です 台風最新情報
米軍の台風表示です TCCOR
米海兵隊のトモダチ作戦からのニュースです トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted Mar 29, 2018