ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

ニュース (12月14日)

ホームレス中学生から海兵隊員に

ホームレス中学生だったクルーズは海兵隊に入隊し、新しい人生を歩んでいます
ホームレス中学生だったクルーズは海兵隊に入隊し、新しい人生を歩んでいます
【米海兵隊キャンプ・ゴンザルベス】「私は14歳のころ、橋の下に住むホームレスでした」

あなたはホームレスの近くを通り過ぎて、彼らの人生について考えてみたことがありますか?

あなたは何がその人をホームレスに陥れたのか,将来どのような人生を送っていくのか疑問に思っているのかもしれません。

現在、海兵隊員であるアントニー・クルーズ軍曹は、かつてそのようなホームレスの一人でした。

通りすぎる人々の多くが、ホームレスだった彼が将来どのような人になるのか予想できる人はいなかったでしょう。

現在、沖縄県北部にあるジャングル訓練センターの運用リーダーを勤めるクルス軍曹は「私は常に物事はきっと良い方向にいくと考え、そのための努力を惜しみませんでした」と振り返ります。

ダラス出身のクルーズ軍曹は、家族間のトラブルで、約2年間、ホームレスでした。

何も食べないことが何日も続いたり、学校の担任の家でシャワーを使わせてもらったりしていました。

このような困難な時期を乗り越え、彼はついに自分の生きていく糧をみつけたのです。

2013年、彼は海兵隊に入隊し、それ以来、決して過去を振り返ることはありません。

「よりよい人生を見つけるため、私は海兵隊に入隊しました。しかし簡単な道のりを選ぼうとは思いませんでした。何も知らず海兵隊を選んだのですが、唯一、私が知っていたことは、海兵隊は最高の部隊だということでした」

クルーズ軍曹は、サンディエゴの新兵訓練所を2013年に修了後、歩兵学校に進みました。

クルーズ軍曹は歩兵訓練大隊で狙撃手の訓練を受けました。

海兵隊入隊5年目を迎えるクルーズ軍曹は、現在、沖縄に駐在しています。

職場の偵察・監視教官のダスティン・ハウエル軍曹は「クルーズ軍曹は常にボランティアに参加し、イニシアチブを発揮しています。彼は常に謙虚で、すべてのことを当り前だと思うことはありません」と彼のことを説明しています。

ハウエル軍曹は、クルーズ軍曹は職場にとって頼りになる存在だと評価します。

クルーズ軍曹の部下であるブランドン・キレス伍長も「彼はどんなときでも部下に手を貸してくれます。彼のような下士官がもっといてくれるといいですね」と感謝を表しています。

その他のリンク
台風の最新情報です 台風最新情報
米軍の台風表示です TCCOR
米海兵隊のトモダチ作戦からのニュースです トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted Dec 14, 2017