ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

ニュース (10月27日)

沖縄県警察の鑑識課が海兵隊の軍用犬チームを視察

米海兵隊の憲兵隊が沖縄県警察に軍用犬を使った模擬訓練を披露しました
米海兵隊の憲兵隊が沖縄県警察に軍用犬を使った模擬訓練を披露しました
【米空軍嘉手納基地】米海兵隊の憲兵隊の軍用犬チームが嘉手納基地にある旅客ターミナルにおいて、沖縄県警察の警察犬チームに軍用犬の模擬訓練を初めて披露しました。

憲兵隊は軍用犬の能力を警察犬チームに披露することで、将来的に両組織の提携を強化し、訓練機会を広げることを目指しています。

軍用犬の使命は爆発物や違法麻薬を探知することです。

軍用犬訓練士の役目は、様々な環境下で継続的に軍用犬を訓練し、即応できる軍用犬を育成することです。

軍用犬訓練士のロセンド・マドリガル軍曹は「今回のデモンストレーションでは、軍用犬の2つの側面を示すことができました。軍用犬は禁止薬物や爆発物を探知し、また敵対行為にも対応します。今回の相互訓練は、沖縄県警に軍用犬の能力を示すものです」と説明しました。

デモンストレーションでは、軍用犬の敵対行為に対する訓練と麻薬探知訓練が披露されました。

県警の警察犬は現在、足跡追及犬としてのみ訓練されていますが、今年から爆発物捜索犬としての訓練の両方を実施する計画です。

米海兵隊の憲兵隊が沖縄県警察に軍用犬を使った模擬訓練を披露しました
米海兵隊の憲兵隊が沖縄県警察に軍用犬を使った模擬訓練を披露しました
憲兵隊で通訳を務める安室つよしさんによると、デモンストレーションでは、憲兵隊の訓練士がどのように軍用犬を訓練しているのかを披露しました。

警察犬チームは視察を通してどのような訓練を行えばいいのか理解することができます。

県警の島田孝治鑑識課課長は、謝意を述べ、将来の訓練機会の増加に期待を示しました。

「今日の有意義な訓練に感謝しています。今日の視察は今後の警察犬の訓練に役立ち、来れて良かったです。デモンストレーションには非常に感心させられました。多くのことを学ぶことができ、将来的にもさらに交流を深められればと思います。ともに警察犬、軍用犬を持つ組織として、双方に隔たりはありません」と訓練を締めくくりました。

その他のリンク
台風の最新情報です 台風最新情報
米軍の台風表示です TCCOR
米海兵隊のトモダチ作戦からのニュースです トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted Oct 27, 2017