?z?[???y?[?W??????
??“????‘?C??‘??e?”‘????R???e?{?????i????????‰?
??“????‘?C??‘??e?”‘?????‰?
‰?“??§“??????‘?C??‘??e?{??????“?
??“????‘?C??‘??????????j?…?[?X
??“????‘?C??‘????????????[?X
‰?“??§“??????‘?C??‘??{?????s?????????????C?x?“?g
‰?“??§“??????‘?C??‘???’n??????
???R??‘????m’n????“????‘?????????????^
‰?“???’“?????????R???????o????‰?
???‘?C??‘?????????????????‘g??
??“????‘?C??‘???????‰p???z?[???y?[?W
????????????????? ???????????A?±?±?????[????‘?????????????

ニュース (8月18日)

元海兵隊員が73年前の約束を果たす

?V?R”N?????????????????Z?????i??“????????????????????Z??“??????k?????]’C??????
73年ぶりに戻ってきた兄の遺品の日章旗に顔をうずめて兄の匂いを嗅ぐ安江辰也さん
【岐阜県】太平洋戦争から戻ることのなかった日本兵の家族が、岐阜県の山間深い小さな農村で、首を長くしてある到着を待っていました。

73年ぶりに安江家に戻ってくるのは、戦争から二度と戻ってくることのなかった兄、定男さんの唯一の遺品です。

第2次世界大戦に海兵隊員として従軍したマービン・ストロンボさん(93)は、モンタナ州にある自宅から1万6000キロを旅し、日出ずる国、日本へやってきました。

1944年7月、サイパン島で戦死した日本兵、定男さんから日章旗を預かり、いつか必ず故郷に返すと約束をしました。

海兵隊で狙撃兵だったストロンボさんは、73年もの間、その日章旗を大事に保管し、ほこりもつかないほど丁寧に持ち続けてきました。

若い伍長だったストロンボさんは、戦場で部隊からはぐれ、気づくと前線後方まで来ていました。

急いで部隊の集合地点へ向かっている途中、地面に倒れ微動だにしない日本兵に遭遇しました。

それが安江定男さんでした。

「彼に歩み寄った時のことを、今でも鮮明に覚えています」

「彼は地面を背にわずかに横向きになって倒れていました。目立った外傷はなく、まるで寝ているかのようでした。そして胸元から日章旗の端が見え、それを取り出そうとし、一瞬、ためらいました。しかし、もし私がこれを持っておかなければ、通りすがりの誰かが必ず持ち去るのは明白でした。私は彼に戦争が終われば必ず故郷に届けるからと約束したのです」

年月は流れましたが、ストロンボさんは決して約束を忘れてはいませんでした。

そして運命の日が、訪れました。

米国で太平洋戦争の遺品の返還活動に取り組む非営利組織「OBONソサエティ」を通して、遺族である安江家につながる手がかりを得たのです。

OBONソサエティの協力を通して、ストロンボさんと安江家は、直接顔を合わせる機会を得たのです。

定男さんの弟、辰也さん(89)はストロンボさんから旗を受け取ると、顔をうずめ、匂いをかぎ、「優しくて頼りになる兄でした。兄の肌のにおいがするような大事な旗を保管していただき、ありがとうございました」と嬉しそうに話しました。

家族は定男さんが召集されたとき、武運長久を願って、家族や友人180人が寄せ書きをした日章旗を待たせました。

兄が二度と再び故郷に戻ってくることはありませんでしたが、お盆のこの時期、持たせた旗が戻って来たということは、定男さんの魂が安江家に帰ってきたのです。

辰也さんが車椅子に座ってる姉の古田さよこさん(93)の膝の上にその旗をかけると、彼女は両手で顔をおおい、声を出さずに泣いていました。

ストロンボさんは彼女の肩をさすりながら、「返せて良かったよ。この旗がどれだけ彼女にとって意味があったのか分かったし、私も泣きそうになったよ」と述べました。

辰也さんは旗が戻って来たことは、家族だけでなく地域全体にとってありがたいことだと述べ、兄が戦地に旅立った直前の出来事を振り返りました。

辰也さんら家族は、定男さんが戦地に赴く前日、一度だけ面会を許されました。

宿舎から出てきた定男さんは家族と共に芝生に腰を下ろし、語り合いました。

そして面会時間も残り僅かとなった時、定男さんから「太平洋のどこかの島へ送られるようだ。もう生きて帰れないだろうから、両親を頼む」と声をかけられました。

それが定男さんとの最後の会話になりました。

ストロンボさんはサイパンで交わした長年の約束を果たせたことにほっとした表情を見せました。

ストロンボさんは長年、定男さんの形見の日章旗と共に過ごして来たので、まるで定男さんを兄弟のように感じていました。

二人は家族の元を離れ、戦地で敵対し戦った者同士です。

彼を(日章旗)を家族の元に届けることを、まるで自分自身が家族のもとに帰るのと同じように感じていました。

ストロンボさんは、戦地で決して友を見捨てないという海兵隊の精神を、身をもって証明したのです。

その他のリンク
‘????????V???????? 台風最新情報
???R??‘????\?????? TCCOR
???C??‘????g???_?`???????????j?…?[?X???? トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted Aug 18, 2017