ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

ニュース (5月12日)

海兵隊消防隊員が民間消火活動支援で表彰

民間地域での消火活動に協力した海兵隊の消防隊員が表彰されました
民間地域での消火活動に協力した海兵隊の消防隊員が表彰されました
【米海兵隊キャンプ・フォスター】米海兵隊太平洋基地の司令官、ホアキン・マラヴェット少将が米海兵隊基地の消防隊員らに感謝状を授与しました。

海兵隊の消防隊員らは、民間住宅地で発生した火災に対応し、卓越した任務の功績が認められ、表彰されました。

3月1日午後7時34分、沖縄県消防指令センターから海兵隊基地のディスパッチャー(指令センター)に、北中城村島袋での火災発生の通報が入り、海兵隊消防署は消防車4台を現場に急行させ、地元消防署による消火活動に支援を提供しました。

日米の消防車など17台が出動し消火活動にあたりましたが、木造平屋建ての住宅一棟が全焼しました。

海兵隊消防隊が現場に到着したころには、すでに木造の住宅一棟を火が飲みこんでいる状況でしたが、地元消防隊と海兵隊消防隊が協力し、隣接する住宅への延焼を防ぎました。

ジョン・ローシュ消防副隊長は「建物はすでに焼け落ち、もう灰しか残っていませんでした。その夜、被災した方は全てを失ってしまいましたが、被害をこれ以上広げてはいけないという思いでいっぱいでした」と当時を振り返って話してくれました。

さらに火災の翌日の消防隊員たちの活動は、注目に値するものでした。

隊員らは火災の翌日、火災現場に戻り、結婚指輪やパスポートなど、被災した家族にとって価値のつけられないほど大切なものを探し出したのです。

マラヴェット少将は「消防隊員らが消火活動で示したプロ意識と勇気はまさに賞賛に値します。実際、隊員らの真摯な思いやりと地域との深いつながりが、彼らの任務に対する情熱を掻き立てるのです。簡単に言えば、彼らの使命は人命を守ることであり、その点、彼らは最高の隊員です」と激励の言葉を述べました。

その他のリンク
台風の最新情報です 台風最新情報
米軍の台風表示です TCCOR
米海兵隊のトモダチ作戦からのニュースです トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted May 12, 2017