ホームページに戻る
沖縄に駐留する米国海兵隊部隊の将軍と各施設の司令官の紹介
沖縄に駐留する米国海兵隊部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊施設の案内
沖縄に駐留する米国海兵隊に関するニュースを読む
在日米国海兵隊報道部によるメディアリリースを読む
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流関係を紹介
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与を説明
沖縄に駐留する米軍による経済効果の説明
米国海兵隊の環境保護の取り組みについての説明
在日米国海兵隊による英語版ホームページも利用できます
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

ニュース (2月13日)

普天間基地で行われた消防士競技会に宜野湾市消防本部を招待

普天間基地で開催された消防士友好競技会でバケツリレーを行う海兵隊チーム
普天間基地で開催された消防士友好競技会でバケツリレーを行う海兵隊チーム
【米海兵隊普天間航空基地】 以前は人々が横一列に並んでバケツに入った水を手渡して消火にあたっていました。

その方法はバケツリレーとして知られていますが、最近では、消防士競技会以外では滅多にみられない光景です。

1月末日、普天間基地で開催された友好競技会の同点決勝戦で、宜野湾市消防本部と普天間基地所属の司令部飛行隊が対戦しました。

宜野湾市の第2警備係救助隊の知念正也副隊長は、「海兵隊員が企画してくれた素晴らしく、楽しいイベントでした。海兵隊員と連携することは滅多にない機会なので、あらゆる機会を生かしたいですね」と述べています。

このイベントは地域と海兵隊の繋がりをさらに深める機会になりました。

消火・救急サービス担当官のキラブリュー准尉は、「必要な時はお互いが協力し合うという宜野湾市消防本部との取決めがあり、今回の競技会は、宜野湾市との関係をさらに深めるために、個人的な関係を築くことが目的です」と説明しています。

キルブリュー准尉は更に、部隊と地元地域との繋がりを強めることは、沖縄と海兵隊との関係を向上する上で必要な基盤を築くのに役立ちますと話しています。

競技会は双方の調和した関係を強化すると同時に各消防隊の基本的な消火活動のスキルを試しました。

防護服を素早く着用する競技で、一心に防護服をまとう嘉手納基地所属の空軍兵
防護服を素早く着用する競技で、一心に防護服をまとう嘉手納基地所属の空軍兵
航空機救助・消防担当兵のアルボー伍長は、「それぞれの種目にはいくらか仕事の要素が含まれ、どれだけ早く防護服を着用できるかという単純な競技から、チームの団結や体力が要求される競技、リレーやそりなどと多様でした」と説明しています。

知念副隊長は、同点決勝戦ということに加え、その方面の先駆者たちの仕事のやり方について思いを馳せるという部分もあり、バケツリレーは皆が一番好きな競技だったと話しています。

宜野湾市消防本部の勝利が発表された後、海兵隊員たちはグリルに火を入れ、バーベキューを用意して、地元の消防士たちともっと仲良くなるためにさらに時間を費やしました。

双方は、公私両面でまた会うことを非常に楽しみにしていると話しています。

知念副隊長は最後に、「次に会うのが待ち遠しいです。宜野湾市消防本部に海兵隊員たちを招待する段取りがつけられたら大変光栄ですね」と話していました。

その他のリンク
気象庁による台風最新情報 台風最新情報
軍のTCCOR(台風)情報 TCCOR
在日米海兵隊によるトモダチ作戦 トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted February 13, 2014