ホームページに戻る
沖縄に駐留する米国海兵隊部隊の将軍と各施設の司令官の紹介
沖縄に駐留する米国海兵隊部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊施設の案内
沖縄に駐留する米国海兵隊に関するニュースを読む
在日米国海兵隊報道部によるメディアリリースを読む
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流関係を紹介
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与を説明
沖縄に駐留する米軍による経済効果の説明
米国海兵隊の環境保護の取り組みについての説明
在日米国海兵隊による英語版ホームページも利用できます
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

ニュース (2月5日)

陸上自衛隊下士官トップが海兵隊の上級下士官指導コースに参加

陸上自衛隊下士官トップが海兵隊員と共に海兵隊のフィットネス訓練で汗を流しました
陸上自衛隊下士官トップが海兵隊員と共に海兵隊のフィットネス訓練で汗を流しました
【在沖縄米海兵隊施設キャンプ・ハンセン】 陸上自衛隊最先任上級曹長の鈴木喜晃准陸尉とその他8名の陸上自衛隊の曹長が1月下旬に金武町にあるキャンプ・ハンセンの上級下士官アカデミーで実施された国内隊付研修プログラムに参加しました。

海兵隊の上級下士官アカデミー沖縄の所長、アンソニー・クルス先任上級曹長は、「陸上自衛隊の上級下士官は、我々がどのように海兵隊員を下士官のリーダーへと育成、養成、形成しているかに関心を持っているため、海兵隊がどのように下士官のリーダーシップ教育をしているかの教材をまとめ、伝授しました」と説明しています。

この取り組みは、日米間の協力態勢を強化するために、上級下士官アカデミー沖縄と陸上自衛隊との連携を強化する大きな取り組みの一環です。

クルス所長は、「海兵隊アカデミーが陸上自衛隊にこのような概要を用意するのは今回が初めてです。今後は、毎年この研修を実施し、関心を示している海兵隊総司令官にもその要旨を説明することになっています」と話しています。

アカデミー能力開発コーディネーターのアンディ・ハート二等軍曹は、「授業に二日、管理業務にも二日間を予定しており、陸上自衛隊からの情報や他の似たような研修の意見をまとめて、現代のリーダーシップを基本としたカリキュラムを提供します」と説明しました。

授業でのテーマは、海兵隊入隊教育から価値観に基づいたリーダーシップ、および海兵隊が取り入れているフィットネスなどの多岐にわたるテーマを扱い、インストラクターは海兵隊のがどのように様々な事柄に取り組んでいるかを自衛隊の曹長たちに伝え、スライド、実演、グループ活動、ディスカッションを用いて、自衛隊がそれぞれの状況にどのように対応するかを順々に尋ねていきました。

鈴木最先任上級曹長は、「日本人と海兵隊員の特定の問題に対する対処法の違いや海兵隊員の思想の傾向も分かりました。インストラクターたちが、私たちに熱心に、自信に満ちて指導してくれて良かったです」と語りました。

クルス所長は、このプログラムは陸上自衛隊のみならず、海兵隊をも向上するいい機会だと話し、次のように述べました。

「私は、日本人と我々の関係を引き続き構築し、育む機会だと見ています」

ハート二等軍曹と他のインストラクターたちは、このコースで自衛隊の研修プログラム参加者とリーダーシップ教材について共有する中、謙虚な態度を保つことが重要だったと強調しています。

ハート二等軍曹は、「このコースは他の軍隊に自分たちの意思を押し付けるために行うのでは無く、それはむしろ逆です。自分や他のインストラクターたちが陸上自衛隊と連携できてどれだけ幸運だったか。外国の軍隊と連携することの醍醐味は、団結して、考え方を共有して、互いの軍隊の素晴らしいところを向上することです」と締めくくりました。

その他のリンク
気象庁による台風最新情報 台風最新情報
軍のTCCOR(台風)情報 TCCOR
在日米海兵隊によるトモダチ作戦 トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted February 5, 2014