ホームページに戻る
沖縄に駐留する米国海兵隊部隊の将軍と各施設の司令官の紹介
沖縄に駐留する米国海兵隊部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊施設の案内
沖縄に駐留する米国海兵隊に関するニュースを読む
在日米国海兵隊報道部によるメディアリリースを読む
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流関係を紹介
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与を説明
沖縄に駐留する米軍による経済効果の説明
米国海兵隊の環境保護の取り組みについての説明
在日米国海兵隊による英語版ホームページも利用できます
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

ニュース (5月9日)

米海兵隊員がトモダチ作戦から沖縄に帰還

米海兵隊員たちが「トモダチ作戦」から帰還
米海兵隊員たちが「トモダチ作戦」から帰還
【米海兵隊普天間航空基地】 約60名の米海兵隊員が5月4日、本州から沖縄に帰還したことは、トモダチ作戦の支援での最後の主要構成部隊の撤退を意味します。

300名以上の隊員で構成されていた部隊は、3月11日の大震災を受け、東日本での原子力や放射能事故に対応する日本政府や自衛隊を支援するために設置された統合米軍でした。

被害管理支援部隊は、原子力や放射能レベルを観測する独自の専門知識を提供。第三海兵遠征軍の化学・生物・放射能・核部隊とメリーランド州インディアンヘッドに駐留する海兵隊の化学・生物事故対応部隊の海兵隊員で構成。

被害管理支援部隊が対応しなければならない最悪の原子力や放射能事故がなかったので、同部隊の隊員や日本政府、自衛隊は、日本の防衛省の機能の実証を含む二カ国演習を実施しました。

4月5日に設置されて以来、同部隊は福島原子力発電所で起こり得る二次的な事故に対応する高い任務の即応体制を維持していると同部隊指揮官のジェームス・ギャノン大佐は説明。

ギャノン大佐は、「私たちは自衛隊と日本政府を支援し、非常に危険になる可能性があった状況を観測して援助する体制をとっていました。幸運にも、原子炉の状態は、自衛隊が米軍に汚染除去や調査支援を必要とする可能性が極めて低い状況に達しました」と述べています。

被害管理支援部隊は、日本本土を撤退する最後の主要部隊となりましたが、米国の同盟国に対する支援は揺らぐことはないとギャノン大佐は語っています。

「私たちは、日本の友人と永続的な関係を維持し続けます。この統合、各機関協力、二カ国の活動に関われたことは、私たち全員にとってこの上ない特権です」と説明していました。

その他のリンク
気象庁による台風最新情報 台風最新情報
米軍が使用する台風コンディションコード TCCOR
在日米海兵隊によるトモダチ作戦 トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted May 9, 2011