ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

ニュース (4月20日)

日米が協力して被害の大きかった学校の修復を目指す

日米が協力して被害の大きかった学校の修復を目指す
日米が協力して被害の大きかった学校の修復を目指す
【宮城県石巻】 在日米軍が陸上自衛隊と共に、宮城県石巻市にある石巻工業高校の校舎で、トモダチ作戦の一環として、がれきの除去や片付けを行ないました。

キャンプ富士のブリアン・ハプキン少尉は、「支援や援助を必要とする11校を特定し、彼らが望む状態に学校を復元する手助けをしました。現場にいる担当者が何をしてもらいたいかを私たちに伝え、私たちが実行に移すんです」と述べています。

日本政府と陸上自衛隊が数ヶ月内に再校する準備をしている学校です。

在日米軍のギセッペ・スタバリ海兵隊少佐は、「子供たちを正常な状態に戻そうと、学校にはその他の公共エリアと同様に高い関心が集っています。子供たちが再び学校に戻ることで、親は片付けや職探しを始めて、通常の状態に戻ることができます」と説明。

陸上自衛隊第5旅団と日本統合支援部隊の連絡官、アダン・マルドナド海兵隊大尉は、特に被害が大きかった学校のリストを陸上自衛隊が特定し、片付けを行なう米軍の支援は、二カ国調整アクション・チームを通して調整されたと説明しました。

スタバリ少佐は、「彼らが主導的役割を担い、私たちは支援する役割を担っている。それが陸上自衛隊であれ、地方自治体であれ、私たちの支援を必要とするなら、私たちのできる範囲内で支援を行います」

日米が協力して被害の大きかった学校の修復を目指す
日米が協力して被害の大きかった学校の修復を目指す
学校の被害は広範囲に及び、もし清掃活動の取り組みがなければ、正常な機能を取り戻すことはできなかったことでしょう。

マルドナド大尉は、「この辺りを歩いていると、トレーラー、スクーター、家などの大量のがれきを目にし、沢山の尖った釘やガラス片などは学校にいる生徒達にとってとても危険です」

また海兵隊員たちは、食料やおもちゃが詰まったリュックを生徒や先生たちに分配する機会も得ました。

マルドナド大尉は、「キャンプ座間のガール・スカウトが、被災した学校の生徒達にリュックを渡すことを決めて、その過程を通して、アメリカと日本の地元地域が活性化しました。キャンディやおもちゃを詰めた300個のリュックが集められました」と説明。

ハプキン少尉は、「私たちが彼らと共にいるのは極めて重要なことで、私たちは援助するために側にいて、彼らの必要を、なんとしてでも支援する。今は素晴らしい関係にあるが、それを継続していきたい」と話していました。

その他のリンク
気象庁による台風最新情報 台風最新情報
米軍が使用する台風コンディションコード TCCOR
在日米海兵隊によるトモダチ作戦 トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted April 20, 2011