ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

ニュース (4月19日)

第31海兵遠征部隊が東日本から帰還

東日本大震災での救援活動をしていた第31海兵遠征部隊が沖縄に帰ってきました
東日本大震災での救援活動をしていた第31海兵遠征部隊が沖縄に帰ってきました
【沖縄県】 第31海兵遠征部隊が東日本で約3週間、トモダチ作戦の救援活動を行い、4月12日に沖縄に戻って来ました。

揚陸艦エセックスが海兵遠征部隊を乗せて沖縄の米海軍施設ホワイト・ビーチに到着しました。

揚陸艦ジャーマンタウンとハーパース・フェリーは遠征部隊の構成部隊を乗せ、4月7日に一足早く沖縄に戻ってきていました。

遠征部隊指揮官のマックマニス大佐は「隊員たちは仲間からの要請を受ければいつでも支援をする用意ができている。沖縄を自分たちの故郷と呼び、日本の人たちの手助けができたことは名誉であり、特権でした。この救援活動に参加できたことは、私たち全員が誇りに思っています」と述べました。

東日本大震災が起きた3月11日、遠征部隊は3つのグループに分散していました。

エセックスは一番大きな船で、カンボジアでの演習を終え、マレーシアに寄港したばかりでした。

遠征部隊の幹部は津波のニュースを受け、自由時間で船から離れていた全ての乗組員を呼び戻し、素早く物資を積み込み、他の2隻と合流するため、日本へ向けて24時間以内に出航しました。

東日本大震災での救援活動をしていた第31海兵遠征部隊が沖縄に帰ってきました
東日本大震災での救援活動をしていた第31海兵遠征部隊が沖縄に帰ってきました
遠征部隊を乗せたジャーマンタウンとハーパース・フェリーの2隻は、インドネシアに停泊していました。

ハーパース・フェリーに乗船していた隊員らは、3月12日から現地で始まる大規模な災害救助演習に参加する予定でした。

両船は日本大震災のニュースを受け、直ちに被災国のために北へと出向しました。

艦隊は3月17日に秋田県沖に到着し、沿岸の調査飛行を開始しました。

八戸近くの東海岸に水陸両用即応群を配置し、遠征部隊は直ちにヘリコプターで救援物資を陸上に運び始めました。

輸送された物資は水、毛布、衛生用品などです。

ヘリは15回の調査任務と204回の物資輸送を行い、合計300飛行時間を記録しました。

遠征部隊とエセックス水陸両用即応群の優先事項は津波で日本本土から孤立した大島を支援することになりました。

海兵隊員らは、可動式電力車両、燃料トラック、水補給車両を含む救援物資の輸送を開始し、大島の電力を復旧させるため、東北電力職員を上陸用舟艦で送迎しました。

ヘリで隊員らが寄付した服、毛布、食料、おもちゃが、海上自衛隊の護衛艦ひゅうがに空輸され、船に一時的に避難していた被災住民に分配されました。

東日本で救援活動をしていた第31海兵遠征部隊が沖縄に帰ってきました
東日本で救援活動をしていた第31海兵遠征部隊が沖縄に帰ってきました
遠征部隊は陸上自衛隊と連携し、大島に7トン近くの物資を届け、港や道路や海岸から大量のがれきを取り除きました。

また、住民たちが入浴できるように仮設シャワーを設置し、人々は津波が発生して以来のシャワーを浴びることができました。

米軍は被災した人たちに、計72トンを超える物資の輸送を行ないました。

自衛隊と米軍の連絡官、海上自衛隊の田中一等海尉は、日本人を代表して感謝の意を表しました。

「ありがとう。私たちは、皆さんの支援と協力に非常に感謝しています。皆さんが私たちに行なったすべての事は、決して忘れません」

第31海兵遠征部隊はアジア太平洋地域で前方展開している唯一の海兵遠征部隊であり、即応体制の整った部隊で、指示を受けると、広範囲で不測の事態に対応することができる、海上を拠点とする部隊を提供することができます。

その他のリンク
台風の最新情報です 台風最新情報
米軍の台風表示です TCCOR
米海兵隊のトモダチ作戦からのニュースです トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted April 19, 2011