ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

ニュース (4月18日)

陸上自衛隊が海兵隊員の再配置で米国を称賛

米海兵隊員の再配置で、陸上自衛隊が米国を称賛
米海兵隊員の再配置で、陸上自衛隊が米国を称賛
【宮城県仙台駐屯地】 4月7日に開催された式典で、統合陸上構成部隊指揮権が在日米海兵隊から在日米陸軍へと移行しました。

これからは在日米陸軍が東北地域で実施されている「トモダチ作戦」の復興段階の支援を主導します。

統合任務部隊(JTF東北)指揮官である君塚栄治陸将は、第三海兵遠征軍の再配置において複雑な気持ちでいっぱいですが、在日米陸軍が引き続き復興活動を行ってくれることは喜ばしいことだと話しています。

君塚陸将は、「この国は地震と津波で、とてつもない喪失感を味わいました。米国が最も素早く対応し、救援活動と生命維持を行い、今では復興の兆しが見えています」と言及。

米海兵隊員は、宮城県仙台市、そしてその周辺地域に深刻な被害をもたらした大震災後に支援を申し出て、最初に現地で対応しました。

米海兵隊の最初の活動の1つは、航空機がアクセスしやすいように、仙台空港の片付けを手伝うことでした。

第三海兵遠征旅団司令官のクレッグ・ティンバーレイク海兵隊大佐は、「3月13日に到着して以来、陸上自衛隊を通して、日本人に可能な限りの支援を申し出てきました」と語りました。

これまでの50年あまりで、日米は永続的な関係を築いてきましたが、自衛隊と米軍の隊員たちが日本人を支援するために連携したここ数週間で、その関係が深まったことに君塚陸将とティンバーレイク大佐は同感しました。

君塚陸将は、「この震災で、我々の部隊が再び団結し、協力し合うことで関係が深まっていくことでしょう」と今後の展望を述べました。

ティンバーレイク大佐は、「遠征旅団が再配置されるために、我々はここを離れなければならないので、これ以上支援ができないのは残念ですが、今ここには在日米陸軍がいて、彼らは我々の友人、そして同盟国である日本人の皆さんと共に作業を継続していくことを知っているので、我々が前進していく中、より素晴らしい友人、また同盟国となることを確信しています。この活動は、関連する地域社会や、このような震災後に復興を行なう陸上自衛隊を支援する全ての軍隊による合同の取り組みであったし、そして今もなお、そうである」と語りました。

その他のリンク
気象庁による台風最新情報 台風最新情報
米軍が使用する台風コンディションコード TCCOR
在日米海兵隊によるトモダチ作戦 トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted April 18, 2011