ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

ニュース (4月1日)

自衛隊と海兵隊が仙台空港の復興に向けて協力

自衛官と米海兵隊員らが共同で、仙台空港の復興に向けて活動
自衛官と米海兵隊員らが共同で、仙台空港の復興に向けて活動
【宮城県仙台市】忙しく活気のあった仙台国際空港は、壊滅的な東日本大震災から3週間経った今、トモダチ作戦の一環として空港の復興作業を行なう数百人の米海兵隊員の本部になっています。

現地入りして一週間余りになるアロンゾ・フラー二等兵曹によると、「私たちが到着した時、ここはとてもひどい状態でした。そして日々復興活動が向上しているのが見受けられ、この場所を修復するために隊員たちは日夜頑張っています」と話しています。

在日米海兵隊の隊員たちは、この破壊された空港を修復するために24時間体制で作業を行なっています。

自衛官と米海兵隊員らが共同で、仙台空港の復興に向けて活動
自衛官と米海兵隊員らが共同で、仙台空港の復興に向けて活動
ミッシェル・テーラー上等兵によると、「作業は着実に進展しています。私たちがここに到着した時のこの場所の状態を見たら驚いたことでしょう。私たちはここの柱に巻き付いていた住宅の一部を取り除かなければならず、最悪な状態でした」と説明しています。

指揮官のジム・ルビノ大佐は、「これまでに米軍や自衛隊が行なってきた作業は非常に重要で、被災した家族を救援するために、私たちは自衛隊と密接に連携しています。平時でも、このような危機的状況下でも、私たちは協力し合うんです」と述べています。

現在の所、空港は救援物資を輸送する軍用機のみの使用が可能で、民間機を受け入れる準備はできていませんが、まもなく民間機の受け入れも再開される予定です。

その他のリンク
気象庁による台風最新情報 台風最新情報
米軍が使用する台風コンディションコード TCCOR
在日米海兵隊によるトモダチ作戦 トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted April 1, 2011