ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

ニュース (3月24日)

在日米海兵隊が被災地での地域調査

人道支援を開始する前に、米海兵隊員が地域調査を実施
人道支援を開始する前に、米海兵隊員が地域調査を実施
【岩手県宮古市】沖縄に駐留する第31海兵遠征部隊の8名の隊員が3月21日、災害援助活動が予測される場所の上陸海岸調査を実施しました。

この救助活動は、広範囲の被害を受けた日本で実施されている米軍のトモダチ作戦を支援する活動です。

同チームには、水陸両用中隊のビーチマスターや兵站大隊の検査員が含まれています。

兵站大隊は非戦闘員撤退作戦やヘリコプター支援チームなどの救援活動を担当し、特にトモダチ作戦では、道路や他の場所の瓦礫を除去するために自らの重機を使用することが可能です。

工兵小隊指揮官のロバート・ジャンコウスキー中尉は、「昨日(3月21日)の任務は、見込まれる災害救助任務にとって不可欠でした。なぜなら海兵遠征部隊は、隊員や装備を上陸させる必要があり、海上から陸上輸送船で派遣するのです。この調査は、必要な場所で支援を行えるように上陸用舟艦で部隊を上陸させることが可能か確かめることでした」と話しています。

人道支援を開始する前に、米海兵隊員が地域調査を実施
人道支援を開始する前に、米海兵隊員が地域調査を実施
海兵遠征部隊は、トモダチ作戦の支援で予測される災害救援任務を手助けする準備ができています。

海兵遠征部隊は日本側から要請を受ければ、サポートを施し、援助を行える態勢にあります。

その他のリンク
気象庁による台風最新情報 台風最新情報
米軍が使用する台風コンディションコード TCCOR
在日米海兵隊によるトモダチ作戦 トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted March 24, 2011