ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

ニュース (3月18日)

第31海兵遠征部隊が救援活動を開始

第31海兵遠征部隊の挿入部隊が救援活動を開始
第31海兵遠征部隊の挿入部隊が救援活動を開始
【日本海】米強襲揚陸艦エセックスに乗船している第31海兵遠征部隊の隊員たちが今日、前方展開指令センターを設置するために下船しました。

指令センターはトモダチ作戦に参加している間、支援活動の拠点としての役割を果たし、陸上での資源管理を行います。

同部隊の支援は、日本政府や他の米軍部隊が既に実施している援助を補完するものです。

上陸チーム作戦担当官、アンドリュー・シューメーカー少佐は、「我々は在日米海兵隊の最初の取り組みの調整を行ないます。我々には多くの資源があるので、どういった支援が提供できるか、検討する必要があります」と話しています。

海兵遠征部隊は、沿岸地域で人道支援を行うのに適した組織です。

同部隊は、被災地に早急に救援物資、医療支援、輸送手段、工事用車両・機器を送ることが可能な航空機および水陸両用車両を所有しています。

3月16日現在、行方不明者7,500人以上、死者4,500人、76,000軒の建物が損傷、6,000軒の建物が全壊したとの報告が出ています。50万人以上の市民が自宅退避し、150万軒の家で水道が使えない状態です。

第31海兵遠征部隊の挿入部隊が救援活動を開始
第31海兵遠征部隊の挿入部隊が救援活動を開始
海兵遠征部隊の隊員たちは、この悲しみの中、日本の皆さんを支援できることを嬉しく思っています。

上陸チーム通信オペレーター、リチャード・ブラウン三等軍曹は、「我々はこの地域でかなり頻繁に人道支援任務を実施してきています。この災害のように最悪なことが起こった時、支援できることがないかと常に思いますが、今が正にその機会なんです」と話しています。

50年以上に及ぶ日米同盟は強固であり、お互いへの関与と支援を継続することで、深まっていくことでしょう。日本は、この地域において長年に渡り、非常に重要な同盟国なのです。

その他のリンク
気象庁による台風最新情報 台風最新情報
米軍が使用する台風コンディションコード TCCOR
在日米海兵隊によるトモダチ作戦 トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted March 18, 2011