ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

ニュース (3月15日)

在日米海兵隊が日本の復興作業を支援

在日米海兵隊が日本の復興作業を支援
在日米海兵隊が日本の復興作業を支援
【在日米海兵隊】沖縄に展開する米海兵隊員たちは、被災地域に援助物資を送るため、引き続き仙台駐屯地の陸上自衛隊と調整を図っています。

追加の海兵隊員と装備を乗せた高速船(HSV)は、今朝、米海兵隊岩国航空基地に到着しました。

米海兵隊普天間航空基地を拠点とし、現在は岩国基地で運用している在日米海兵隊のスーパーハーキュリーズの2機が、フォークリフト、生命維持装置、及び人員を前方展開武装・燃料補給設備(FARP)の拠点に選定された山形空港に輸送しました。

ヘリコプター臨時空中給油装置(HERS)を乗せて、今晩、再度飛行が予定されています。

FARPとHERSにより、航空機は迅速に燃料補給を行い、飛行し続けることができるため、日米のヘリコプターは被災地で迅速な救援活動を実施することができます。

日米の救援活動の柔軟性を高めるために、追加のFARP配置先が仙台と花巻に特定され、至急これらの空港にFARPを設置する計画が進行中です。

米海兵隊指揮構成部隊が日本本土に設定され、日本政府及び自衛隊と救援活動を調整している在日米軍と海兵隊救援活動を調整する任務を担当しています。

救援活動を指揮するための人道支援調整センター(HACC)の設置を計画中です。

在日米海兵隊が日本の復興作業を支援
在日米海兵隊が日本の復興作業を支援
在日米海兵隊の隊員は、日本本土における国際災害救助活動を積極的に支援しています。

この支援活動、トモダチ作戦は、日本政府によって名づけられたものです。

現在トモダチ作戦を支援するため、沖縄から計427名の海兵隊員、海軍兵、民間人が派遣されています。

さらに第31海兵遠征部隊の隊員が、船で日本に向かっています。

その他のリンク
気象庁による台風最新情報 台風最新情報
米軍が使用する台風コンディションコード TCCOR
在日米海兵隊によるトモダチ作戦 トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted March 15, 2011