ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください
基地内で掲揚する日米両国旗について

日曜日に米海兵隊太平洋基地で掲揚された特大の日米の両国旗です
日曜日に米海兵隊太平洋基地で掲揚された特大の日米の両国旗です
在日米海兵隊基地では毎朝8時から日没まで、日米両国旗を掲揚しています。

毎朝8時になると、星条旗と日の丸が同時に揚がりはじめ、アメリカの国歌「星条旗」が流れ、続いて日本の国歌「君が代」が流れます。

星条旗は海兵隊員により掲げられ、日の丸は憲兵隊の日本人警備隊員により掲揚されます。

その間、基地内の室内にいる海兵隊員はそのまま業務などを続けますが、室外にいる海兵隊員はその場に立ち止まり、国旗が掲揚される方角を向いて直立不動で敬礼の姿勢で両国歌が終わるまで立ち続けます。

下の図で示しているように、在日米海兵隊で掲揚される国旗には3サイズあり、

平日には3メートルX5.8メートルの中型の国旗が、

風の強い日には1.5メートルX2.7メートルの小型の国旗が、

日曜日や祝祭日には6メートルX11.5メートルの長特大の国旗が掲揚されます。

日曜日に米海兵隊太平洋基地で掲揚された特大の日米の両国旗です
風の強い日
縦1.5メートル横2.7メートル
平日
縦3メートル横5.8メートル
日曜日と祝祭日
縦6メートル横11.5メートル




時として星条旗半旗になっていることがありますが、アメリカ大統領ホワイトハウスが半旗にできる権限があり、アメリカ政府にとっての要人が亡くなった場合やアメリカ国内で多くの犠牲者が出た際にも半旗になる場合があります。

詳しくお知りになりたい方は、Marine Corps Order (MCO) P10520.3B に、各事項が細かく全て記載されています、ただし英文です。

その他のリンク
気象庁による台風最新情報 台風最新情報
米軍が使用する台風コンディションコード TCCOR
在日米海兵隊によるトモダチ作戦 トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Updated August 19, 2016