ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください
リリース (10月31日)
米四軍合同訓練を沖縄で実施

【在日米海兵隊】 米四軍の部隊は10月29日〜11月4日の日程で、沖縄の中部訓練場、北部訓練場、伊江島訓練場にて共同実動訓練ブルー・クロマイトを実施致します。

ブルー・クロマイトは米軍独自の訓練で、アジア太平洋地域での人道支援・災害救助を含む、同地域の危機や不測の事態における海軍と海兵隊の遠征力および水陸両用即応態勢能力を向上します。

陸軍および空軍の同訓練への参加は、海、空の戦略的空輸力を向上し、遠征能力を高めます。

ブルー・クロマイトは、強襲揚陸艦に乗船し、空や海から岸に陸揚げするという海兵隊の基礎的な遠征力を試します。

同訓練では、通常任務において海軍と関わりのない前方展開海兵部隊を7つの海兵遠征部隊へ統合し、海上拠点からの強固な対応能力を担う水陸両用作戦を実施します。

海上拠点を活用することにより、海兵隊が必要に応じて出動する柔軟な対応が可能となります。

訓練に参加する部隊は、第3海兵師団歩兵大隊から2部隊、第一海兵航空団航空群から2部隊、第3海兵兵站群兵站大隊から2部隊、グリーン・ベイ (ドック型輸送揚陸艦)、フォール・リヴァー(遠征用高速輸送艦)、ハーパーズ・フェリー(ドック型揚陸艦)です。

訓練に参加する部隊は全て沖縄に前方展開しており、レベルの高い実践的な訓練が費用対効果の優れた内容で提供されます。

その他のリンク
気象庁による台風最新情報 台風最新情報
米軍が使用する台風コンディションコード TCCOR
在日米海兵隊によるトモダチ作戦 トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Released October 31, 2016