ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください
米海兵隊太平洋基地

在沖米海兵隊バトラー基地

キャンプ・ゴンザルベス (北部訓練場) キャンプ・シュワブ キャンプ・ハンセン
キャンプ・コートニー
キャンプ ・フォスター (瑞慶覧基地) キャンプ・レスター (桑江基地) キャンプ・キンザー (牧港補給地区) 伊江島補助飛行場

米海兵隊普天間航空基地 米海兵隊岩国航空基地 キャンプ富士諸職種共同訓練センター
米海兵隊岩国航空基地

歴史

米海兵隊岩国航空基地 ロゴ
第二次世界大戦終戦時、最初に岩国に進駐した連合軍はアメリカ海兵隊で、その後はアメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなど、さまざまな国の軍隊が岩国基地に進駐しましたが、1948年にオーストラリア空軍基地となりました。

1950年、朝鮮戦争が勃発すると、国連軍が岩国に派遣され、朝鮮で前線に立つ部隊を支援するため、岩国基地から航空機が毎日発進し、給油と再軍備のために毎晩帰還しました。

当時、岩国基地に部隊指揮所があったため、岩国基地は「朝鮮への玄関口」と呼ばれていました。

1952年、4月1日、岩国基地は米空軍基地となり、米空軍は岩国基地内の大規模な施設改修を行いました。

1954年、10月1日、岩国基地は米海軍基地になり、1956年7月、第一海兵航空団の司令部が朝鮮から岩国基地へ移駐され、約2,500名の海兵隊員を受け入れるために基地の北側が大幅に拡充されました。

1958年、岩国基地は米海兵隊の管理下に置かれ、米海兵隊岩国航空施設となり、1962年に正式に米海兵隊岩国航空基地となりました。


任務

日本初上陸のオスプレイが貨物船グリーンリッジから岩国基地に陸揚げされました
日本初上陸のオスプレイが貨物船グリーンリッジから岩国基地に陸揚げされました
岩国基地には、沖縄に司令部を置く第一海兵航空団のおよそ半数と第3戦闘補給支援群の分隊が駐留しています。

さらに、2014年7月からは、第152海兵空中給油輸送飛行隊も岩国基地に移転しました。

岩国基地の広さは約5.3平方キロメートルで、その任務はテナント部隊や船舶の運用、維持、および供給を支援することです。


地域への関与

岩国基地は、岩国市内の学校への訪問ボランティア、通津海岸の清掃活動、岩国祭りや錦帯橋祭りなど、年間を通じてさまざまな地域活動に参加しています。

このような活動を通じて、海兵隊員は地域の皆さんのよき隣人となれるよう努めています。

その他のリンク
台風の最新情報です 台風最新情報
米軍の台風表示です TCCOR
米海兵隊のトモダチ作戦からのニュースです トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Updated March 23, 2017