ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください
米海兵隊太平洋基地

在沖米海兵隊バトラー基地

キャンプ・ゴンザルベス (北部訓練場) キャンプ・シュワブ キャンプ・ハンセン
キャンプ・コートニー
キャンプ ・フォスター (瑞慶覧基地) キャンプ・レスター (桑江基地) キャンプ・キンザー (牧港補給地区) 伊江島補助飛行場

米海兵隊普天間航空基地 米海兵隊岩国航空基地 キャンプ富士諸職種共同訓練センター
米海兵隊太平洋基地

任務

米海兵隊太平洋基地 ロゴ
米海兵隊太平洋基地(MCIPAC)は、米海兵隊少将が指揮を執り、司令部は沖縄県北中城(きたなかぐすく)村石平にあるキャンプ・バトラーに置きます。

その任務は、現在と将来の作戦部隊の需要に応じて、作戦部隊とテナント部隊に最高品質の継続的かつ合理的なサービスと支援を提供することです。

同基地は、太平洋沿岸の基地管理効率の向上を目的として創設されており、政策を実施し、地域の戦略や計画を作成し、資源の優先順位を確定し、日本国内、韓国、ハワイの全ての海兵隊基地にサービス、指示、管理を提供しています。

同基地は、軍人約2,600人、米国民間人従業員1,200人、日本人従業員3,500人余で構成されています。

同基地の管轄下にある基地は、在沖縄米国海兵隊バトラー基地(沖縄にある全ての海兵隊基地)、海兵隊ハワイ基地、在韓海兵隊ムジュク基地 米海兵隊岩国航空基地、米海兵隊普天間航空基地、そしてキャンプ富士諸職種共同訓練センターです(左のPDF参照)。

同基地は訓練や演習への配備前、配備中、配備後にわたって部隊を支援しています。

同基地は訓練場、職場施設、電気・水道や住宅などのサービスを各基地が確実に供給できるように責任を担っています。

米海兵隊太平洋基地は、テナント部隊に最高品質の継続的かつ合理的なサービスと支援を提供すること
米海兵隊太平洋基地は、テナント部隊に最高品質の継続的かつ合理的なサービスと支援を提供すること
同基地は、個人隊員から海兵空陸機動部隊の各階層の部隊にいたるまで、作戦に対する即応性の向上に専心すると同時に地域社会、パートナー国、同盟国と協力、調整し、コミュニケーションをとることにも尽力しています。

同基地は、地域内諸国の隣人たちとの、長期的で強固かつ互恵的なパートナーシップを確保するための二国間協議に定期的に関与しています。これら地域との発展し続ける関係は、我々の地域交流活動を特徴づけるものです。

2012年11月5日、同基地司令官と宜野湾市長及び北谷町長は、「災害準備及び災害対応のたの在日米軍の施設及び区域への限定された立ち入りについての現地実施協定」を結びました(左のPDF参照)。

その他のリンク
台風の最新情報です 台風最新情報
米軍の台風表示です TCCOR
米海兵隊のトモダチ作戦からのニュースです トモダチ作戦
米海兵隊太平洋基地の仕組み
災害時の宜野湾市・北谷町と海兵隊の現地協定書
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Updated March 23, 2017