ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください
米海兵隊太平洋基地

在沖米海兵隊バトラー基地

キャンプ・ゴンザルベス (北部訓練場) キャンプ・シュワブ キャンプ・ハンセン
キャンプ・コートニー
キャンプ ・フォスター (瑞慶覧基地) キャンプ・レスター (桑江基地) キャンプ・キンザー (牧港補給地区)

米海兵隊普天間航空基地 米海兵隊岩国航空基地 キャンプ富士諸職種共同訓練センター
伊江島補助飛行場

歴史

伊江島補助飛行場 ロゴ
伊江島は1945年4月上旬の沖縄戦で、米陸軍第77歩兵師団により占領されて米陸軍航空隊飛行場の本拠地となりました。

戦後は、米空軍が西側を空対地砲撃に使用して爆撃射程訓練を行いました。

最も訓練が頻繁に行われたのは、ベトナム戦争時で、 1989年に同施設は米海兵隊に転任され、現在に至ります。

沖縄戦で、世界的にも有名な戦闘記者アーニー・パイルがこの島で戦死しましたが、 米陸軍第77歩兵師団の兵士たちは、彼に敬意を表して彼が戦死した場所に墓標を建て彼を偲びました。今でもそこには記念碑が建っており、毎年ここで記念祭が執り行われています。

伊江島は、沖縄本島本部(もとぶ)岬から西約5kmに位置し、島へは本部港からフェリーで約30分で渡航できます。

伊江島は沖縄近海の最高のダイビング・スポットの1つとしても知られていて、人口五千人近くが暮す活気あふれた農業地域でもあります。


任務

伊江島補助飛行場で訓練を行っているオスプレイ
伊江島補助飛行場で訓練を行っているオスプレイ
米海兵隊作戦支援分遣隊(OSD)は、第三海兵遠征軍を始め陸軍、そして空軍にいたるまでの部隊支援を行い、安全で効果的な環境を提供できるように取り組んでいます。

米海兵隊太平洋基地作戦師団の下で、OSDの十二人の海兵隊員と一人の海軍兵がここの施設を運営・維持しています。

現在同訓練施設で実弾訓練は行われていませんが、1,500メートルの舗装されていない珊瑚からなる滑走路や、擬態の強襲揚陸艦甲板、そして貨物や人員のパラシュート訓練に使われる降下訓練地域があります。

同施設のその他の任務は、飛行場での軍事行動の際に伊江島上空での航空機進路誘導、 航空機救助および消火活動の支援等です。


地域への関与

伊江島補助飛行場の施設をゲート入り口から望む
伊江島補助飛行場の施設をゲート入り口から望む
ここに駐留する13名の隊員の他に、22名の日本人従業員でOSDは成り立っています。

すべての日本人従業員は伊江島住民で、警備員、地元との連絡係り、大工そして射撃場の管理を担当しています。

毎年、OSDは海兵隊の設立記念日に施設を開放し、訪れる招待客の約65%が島民で、さらにOSDの海兵隊員は年に一度の伊江島マラソンやハーリーにも参加します。

その他のリンク
台風の最新情報です 台風最新情報
米軍の台風表示です TCCOR
米海兵隊のトモダチ作戦からのニュースです トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Updated March 23, 2017