ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

第3海兵師団司令官:ウィリアム・ジャーニー准将



ウィリアム・ジャーニー米海兵隊准将
ウィリアム・ジャーニー
米海兵隊准将


1986年、ノースカロライナ大学を卒業。

1987年、歩兵として海兵隊に入隊。

1988年、下士官任官プログラムを経て、少尉に任官。

1989〜1992年、第22海兵遠征部隊第4海兵連隊第2大隊で、ライフル小隊司令と中隊幹部を務め、リベリアのモンロビアにある米国大使館での「鋭い刃作戦」を支援。さらに「砂漠の盾」「砂漠の嵐」作戦にも派遣。

1992〜1995年、サウスカロライナ州パリスアイランドにある海兵隊新兵訓練所で訓練指導員養成所の中隊指揮と副所長を任官。

1996〜2000年、派遣任務として、ライフル中隊指揮や、第8海兵連隊第3大隊での大隊作戦担当官。

第8海兵連隊第3大隊の作戦担当官として在任中に、第26海兵遠征部隊と共に、アルバニアの難民キャンプの警備活動 (統合任務・輝かしい希望)、コソボの平和維持活動 (共同警備)、トルコ地震での災害救援任務(即時対応)などで展開。

2001〜2004年、メリーランド州ボルティモアの新兵訓練所所長に拝任。

2004〜2007年、第6海兵連隊第1大隊指揮官として、イラクの自由作戦に2度派遣。

2009〜2011年、米統合戦力軍作戦チーフ。

2011〜2013年、第2海兵連隊の指揮官を務め、国際治安支援部隊 (ISAF)指揮官の上級幹部としてアフガニスタンに派遣。

2014〜2016年、統合幕僚での共同訓練で副部長として配属。

2016〜2018年、サンディエゴの海兵隊新兵訓練所および西部地域新兵募集の指揮官を務める。

基本学校と歩兵士官課程に加え、海兵隊水陸両用戦闘学校、海兵隊指揮幕僚大学、および海軍大学を卒業。軍事研究と国防戦略研究において修士号を取得。

個人受章歴として、青銅樫葉章2個付き防衛功労章、勲功章、戦闘特別行動による金星付き青銅星章、2金星付き勲功記章、2金星付き海軍・海兵隊功労勲章、統合任務功労賞、2金星付き戦闘行動章など多数受賞。

また作戦任務の功績により海軍ホーランド・スミス大将賞を受賞、またジョーン・レジューン中将リーダーシップ賞も受賞している。

その他のリンク
台風の最新情報です 台風最新情報
米軍の台風表示です TCCOR
米海兵隊のトモダチ作戦からのニュースです トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Updated Jul 9, 2018