ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

キャンプ・コートニー/マクトリアス司令官:ジョージ・マルカシアン大佐



ジョージ・マルカシアン米国海兵隊大佐
ジョージ・マルカシアン
米国海兵隊大佐


1992年、アリゾナ大学を卒業、小隊長課程プログラムを経て少尉に任官。

基本学校(TBS)を修了し、基本通信士官コースに配属。

第1海兵連隊S-6(通信部門)で最初の任務を受け、その後、第9海兵連隊第1大隊と第1海兵連隊第2大隊のS-6に配属。この間、第11海兵遠征部隊(特別任務)で、複数の地域展開や共同任務に従事。

1996年、第1軽装甲偵察大隊の大隊S-6に勤め、この間、第6合同機動部隊を先導し、メキシコ国境で国境監視隊のドラッグ対策に貢献。

1998年、水陸両用戦術学校を経て、海兵隊戦術システム支援活動で通信システム支部長に就任。

2000年、支援中隊司令官として第9通信大隊に勤務。

2002年、海兵隊通信電子学校ブラボー中隊の指揮官に任官。

2005年、第11海兵遠征部隊S-6に配属され、米軍中央軍戦域を支援、海兵遠征部隊としてニューオリンズのハリケーンカトリーナ被害での人道支援や、バングラディッシュでのサイクロン被害の復旧支援シーエンジェルUに従事。

2008年、サンディエゴの第2新兵訓練所の司令官に任官。

2011年、米国陸軍大学の戦略研究で修士号を取得、その後、J53米国サイバーコマンドで特殊任務共同計画グループを統率。

2013年、初の米国サイバーコマンドの副司令官となり、連邦捜査局(FBI)の国家サイバー調査合同機動部隊の組織内サイバー支援国家安全職員任務をリード。

2014年、実戦現場に復帰し、第1海兵師団G-6の副参謀長に任命。

2015年、第3海兵師団司令部司令官として沖縄に着任、キャンプ・コートニーとキャンプ・マクトリアス司令官を兼任。

その他のリンク
台風の最新情報です 台風最新情報
米軍の台風表示です TCCOR
米海兵隊のトモダチ作戦からのニュースです トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Updated March 23, 2017